UNIX系コマンド xargs の便利な使い方メモ

xargsコマンドの便利な使い方のメモ。

参考url:
いまさらxargsの便利さを主張してみる

使い方の例
カレントディレクトリ以下にある、最後の1文字が「~」である全てのファイルを「ls -la」する。

$ find . -name *~ | xargs ls -la
-rw-rw-r--  1 hanawa hanawa 29 Feb 19 18:23 ./c/test.c~
-rw-rw-r--  1 hanawa hanawa  9 Feb 19 18:21 ./hogehoge.txt~

ちなみに、このレシピは十分実用的な例です。xargsを利用してrmのような取り返しのつかないコマンドをいきなり実行するのは怖いので、「xargs rm」する直前に「xargs ls -la」などで対象ファイルを確認しておけばミスがありません。期待通りのファイルが「ls -la」されているのを確認した後で、シェルのヒストリを編集して「ls -la」を「rm」に書き換えて実行するわけです。

Jcode.pmのインストール方法メモ

Jcode.pmは、さまざまな日本語文字コードをPerlで扱うためのモジュールです。

参考URL:
http://openlab.ring.gr.jp/Jcode/index-j.html

  1. まずPerl5をお使いであることを確認してください。Jcode.pmはPerl5専用です。
  2. # perl -v
    
    This is perl, v5.8.8 built for i386-linux-thread-multi
    
  3. 以下のとおりShellからCPANモジュールを起動します。
  4. # perl -MCPAN -e shell
    
  5. はじめてCPANモジュールを実行した場合、いくつかの質問に答えることになります。ほとんどはネットワーク関連の簡単な質問です。ほぼデフォルトを選択しました。ミラーサイトの選択ですが、日本の方は
  6. http://www.ring.gr.jp/pub/lang/perl/CPAN/
    

    をお試し下さいませ。

  7. あとは”install Jcode”と入力するだけです。
  8. cpan> install Jcode
    

    あとはCPANモジュールが、ダウンロード、テスト、そしてインストールまで全て面倒をみてくれます。

  9. インストールが終わったらexitで抜けます。
  10. cpan> exit