CentOS5.5にPHP5.3 やMySQL5.1 などの最新版をyum でインストールする方法

2010/7/11 現在

CentOS 5系(RedHat Enterprise Linux 5系)で
PHPの最新版(5.3.x系)を使いたくなった為バージョンアップすることにした。

出来ることなら、yumでのパッケージ管理をしたいので、「Les RPM de Remi」で公開されているRPMリポジトリを活用し、PHP(やMySQL)の最新版を導入することにした。

現時点での環境

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.5 (Final)

$ php -v
PHP 5.1.6 (cli) (built: Mar 31 2010 02:44:37)
Copyright (c) 1997-2006 The PHP Group
Zend Engine v2.1.0, Copyright (c) 1998-2006 Zend Technologies

$ mysql --version
mysql  Ver 14.12 Distrib 5.0.77, for redhat-linux-gnu (i686) using readline 5.1

Les RPM de Remiのリポジトリ登録

以下を実行します。

$ sudo rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-3.noarch.rpm
$ sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm

そうすると、「/etc/yum.repos.d/」配下に以下の設定ファイルが出来上がります。

・/etc/yum.repos.d/epel.repo
・/etc/yum.repos.d/remi.repo

PHPのバージョンアップ(rpmで5.1=>5.3)

登録したリポジトリを有効にする感じでインストールする。

$ sudo yum --enablerepo=remi install php

ここで、mysql の競合エラーが出たので先に mysql をインストール(アップデート)しておく

$ sudo yum --enablerepo=remi install mysql

もう一度、PHPのインストール(アップデート)実行

$ sudo yum --enablerepo=remi install php

php.ini の変更をして完了

$ sudo mv /etc/php.ini /etc/php.ini.old
$ sudo cp /usr/share/doc/php-common-5.3.2/php.ini-production /etc/php.ini

バージョン確認

$ php -v
PHP 5.3.2 (cli) (built: Apr 27 2010 20:28:18)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies

$ mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.1.48, for redhat-linux-gnu (i686) using readline 5.1

[Linux]ソフトウェアのインストール時にやってしまいがちな失敗10選

Linuxにソフトウェアをインストールする時にやってしまいがちな失敗を10個紹介しています。

参考サイト:
ZDNet Japan

以下、参考サイトからの引用。

  1. .rpmや.debを採用しているシステムにもかかわらず、ソースコードからイントールを行う
  2. パッケージ管理システムのGUIフロントエンドアプリケーションを使用しない
  3. 利用可能なパッケージ一覧のアップデートを忘れる
  4. yumやapt-getへのリポジトリ追加を行わない
  5. ブラウザからのインストールを利用しない
  6. コマンドラインの存在を忘れてしまう
  7. 手当たり次第にtarファイルを展開する
  8. Makefileを削除してしまう
  9. アーキテクチャの異なるファイルをインストールしてしまう
  10. カーネルのアップデートに伴う問題への対処が悪い

7番目は、見事に当てはまってます(;゚д゚)アッ….
今度からは、気をつけよう(´・ω・`)

詳しくは、参考サイトをご参照ください。