webpod(iPod)の使い方及び設置方法

webpod(iPod)という面白いWEBアプリを見つけたので使用方法等をご紹介。

webpod

ダウンロード先はこちら:
http://www.search-this.com/tools/webpod/

1.まずは上記ダウンロード先からzipファイルをダウンロードし解凍します。

2.次に、二つのスクリプトタグを タグの間にコピペします。

<script type="text/javascript" src="swfobject.js" ></script>
<script type="text/javascript" src="js-to-flash.js" ></script>

3.webPodを表示させたい場所に下記のコードをコピペします。

   <div id="flashcontent" style="text-align:center;">
         webPodを使うためにアドビからFlashプレーヤーをダウンロードする必要があります。
   </div>
   <script type="text/javascript">
   var so = new SWFObject("webPod.swf", "webPod", "165", "265", "8", "#ffffff");
   so.addParam("quality", "best");
   so.addParam("wmode", "transparent");
   so.addParam("flashvars", "xmlFile=tunes.xml");
   so.write("flashcontent");
   </script>

・webPod.swfファイルへのパスは適宜変更して下さい。(解凍したままアップロードするのであれば、変更は必要ありません。)

・もし、webPod-slimを使っているならば、webPod.swfからwebPod-slim.swfに上記のコードを変えて、165から125に幅を変えてください。

・flashvars「xmlFile=tunes.xml」のパスも適宜変更して下さい。(解凍したままアップロードするのであれば、変更は必要ありません。)

4.playSongメソッドのリンクを作ります。

<a href="javascript:playSong('Lost Someone')">Lost Someone</a>

tunes.xmlファイルで指定したタイトルと曲名が同一であることを確認してください。これは大文字と小文字の区別されますので注意して下さい。

5.最後にMP3ファイルをアップロードして、tunes.xmlファイルを修正します。

tunes.xmlファイルの書式参考です。

<tunes>
  <tune>
    <mp3>http://domain.com/music/song.mp3</mp3>
    <title>Lost Someone</title>
    <artist>James Brown</artist>
    <album>Live At The Apollo (1962)</album>
    <bitrate>192</bitrate>
    <image></image>
    <link>http://www.link.com</link>
  </tune>
</tunes>

実際に設置してみたサンプルページはこちらです:
http://blog.96q.org/webpod-ipod-sample/

XHTML(Valid)規格に準じたFlashソースの書き方

FlashコンテンツをWEBサイトに埋め込むに当たって、
XHTML Validエラーの壁にぶち当たったのでメモとしてエントリー。

参考url:
http://kyosuke.jp/portfolio/seminar/2006-04csslite/flash.html

自分はHTML編集ソフトとして「Dreamweaver8」を使ってるのですがそれでFlashオブジェクトを挿入すると、こんな感じのソースが挿入されます。

<object classid="clsid:D27CDB6E-AE6D-11cf-96B8-444553540000" codebase="http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=7,0,19,0" width="500" height="200" title="SlideShow">
  <param name="movie" value="SlideShow.swf" />
  <param name="quality" value="high" />
  <embed src="SlideShow.swf" width="500" height="200" quality="high" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer" type="application/x-shockwave-flash"></embed>
</object>

上記のソースを【The W3C Markup Validation Service】でチェックすると「there is no attribute “src”」とか、「there is no attribute “width”」でエラーが出ます。

最新の「Dreamweaver CS3」では対応されてるかもしれないが、未だ旧バージョンを使用してる場合に、Flashを挿入したときバリデータでエラーを出さないようにするためには次のように修正する。

1.まずは、「embed」タグを消去する。

「embed」タグはXHTMLでは使えないタグなので削除

<object classid="clsid:D27CDB6E-AE6D-11cf-96B8-444553540000" codebase="http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=7,0,19,0" width="500" height="200" title="SlideShow">
  <param name="movie" value="SlideShow.swf" />
  <param name="quality" value="high" />
</object>

2.「classid」要素を削除し「type」要素に変更

「classid」要素の代わりに、MIME typeを指定する「type=”application/x-shockwave-flash”」に変更する

<object type="application/x-shockwave-flash" codebase="http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=7,0,19,0" width="500" height="200" title="SlideShow">
  <param name="movie" value="SlideShow.swf" />
  <param name="quality" value="high" />
</object>

3.「codebase」要素を削除し「data」属性に変更

「data」属性にmovieのvalueと同じFlashへのパスを追加しないと表示されないので追加。

<object type="application/x-shockwave-flash" data="SlideShow.swf" width="500" height="200" title="SlideShow">
  <param name="movie" value="SlideShow.swf" />
  <param name="quality" value="high" />
</object>

以上で、W3CのXHTML(Valid)規格に準じたFlashソースの書き方でした。

サイトを高速化させる為の豆知識(CSS Sprites)

今日は,CSSを使ってサイトを高速化するテクニック「CSS Sprites(CSSスプライト)」についてのお話をさせていただきます。

参考url:

http://gihyo.jp/design/serial/01/ss-design/0010

CSS Spritesとは?

通常,ウェブページを制作する場合,デザインファイル(psdやpngなどの画像)をスライスし,HTMLのimg要素として埋め込んだり,CSSの背景画像として指定していることと思います。

それらの画像を一つにまとめ,1度の読み込みでのリクエスト数を減らすテクニックのことを「CSS Sprites」と呼びます。

う~ん、サイトの高速化にも色々な方法がありますね。