「ServersMan@VPS」にPHP5.3,MySQL5.1,PostgreSQL8 をインストールする

DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供中の「ServersMan@VPS
(仮想専用サーバー)を契約してみてPHP5.3,MySQL5.1,PostgreSQL8 をインストールしてみました。

ServersMan@VPS」とは?
初期費用0円
月額料金490円~(今なら2ヶ月無料キャンペーン中)
メモリ:256MB
HDD:10GB

という、とってもお得な仮想専用サーバーです。
料金プランは3種類あって、Entry 、Standard、Proです。
自分は、Standardプランを契約しました。

さて、実際のコマンドですが自分用メモなので凄く簡単にまとめたものになっています。

▼yum
※「–enablerepo=remi」は、PHP、MySQLの最新バージョンを入れる為に必要です。
詳しくは、「PHP5.3 やMySQL5.1 などの最新版をyum でインストールする方法」をご参照下さい。

$ sudo yum --enablerepo=remi install mysql mysql-{server,devel}
$ sudo yum --enablerepo=remi install postgresql postgresql-{server,devel}
$ sudo yum --enablerepo=remi install php php-{devel,gd,mbstring,mcrypt,mysql,pgsql,pear}

▼mysql

$ sudo /sbin/chkconfig mysqld on
$ sudo /etc/init.d/mysqld start

$ /usr/bin/mysql_secure_installation

$ sudo mv /etc/my.cnf /etc/my.cnf.org
$ sudo cp /usr/share/doc/mysql-server-5.1.50/my-medium.cnf /etc/my.cnf

▼postgres

$ sudo /sbin/chkconfig postgresql on
$ sudo /etc/init.d/postgresql start

$ sudo /usr/bin/passwd postgres
$ sudo -u postgres psql template1

▼phpMyAdminのインストール。

$ sudo yum --enablerepo=remi install phpMyAdmin

※インストールすると以下の所にファイル等があります
/etc/phpMyAdmin
/etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
/etc/phpMyAdmin/config.inc.php
/usr/share/phpMyAdmin
/var/lib/phpMyAdmin



$ sudo cp -p /etc/phpMyAdmin/config.inc.php /etc/phpMyAdmin/config.inc.php.org
     ※$cfg['blowfish_secret'] の値を適当な値に書き換えます

$ sudo vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
     ※allow from [IPアドレス]

$ sudo /etc/init.d/httpd restart

▼phpPgAdmin のインストール

$ sudo yum --enablerepo=remi install phpPgAdmin

※インストールすると以下の所にファイル等があります
/etc/phpPgAdmin
/etc/httpd/conf.d/phpPgAdmin.conf
/etc/phpPgAdmin/config.inc.php-dist
/usr/share/phpPgAdmin

$ sudo mv /etc/phpPgAdmin/config.inc.php-dist /etc/phpPgAdmin/config.inc.php
$ sudo /etc/init.d/httpd restart

▼php.iniの変更

$ sudo cp -p /etc/php.ini /etc/php.ini.20100821
$ sudo vi /etc/php.ini
$ diff /etc/php.ini.20100821 /etc/php.ini
> error_log = /var/log-php/php_errors.log
> default_charset = "UTF-8"
> include_path = ".:/usr/share/pear/"
> mbstring.language = Japanese
> mbstring.internal_encoding = UTF-8
> mbstring.http_output = UTF-8
> mbstring.detect_order = UTF-8,SJIS,EUC-JP,JIS,ASCII

$ sudo /etc/init.d/httpd restart

▼CentOSにphpコンパイラのapcをインストール

$ sudo yum --enablerepo=remi install php-pecl-apc
$ sudo /etc/init.d/httpd restart

以上です。

SQL の結果をファイルに出力したいとき(csv)

SQL の結果をファイルに出力したいときの方法
以下は、PostgreSQL の場合

pset format unaligned
pset fieldsep ','    ##フィールドのセパレータにカンマ区切りを指定
o psql_out.csv    ##出力ファイル名の指定
i select.sql      ##SQL文が書かれたファイルを指定
o
q

[PHP]オープンソースのウェブメールまとめ

PHP言語で書かれたオープンソースのwebmailの紹介です。

1.squirrelmail

公式サイト:
http://www.squirrelmail.jp/

SquirrelMailはPHPベースのWEBメールシステムです。40以上の多くの言語に対応、外部サーバーのサポート、プラグインによる機能拡張など多くの機能を備えています。

特徴

  • 日本語(多言語:40以上の多くの言語)対応
  • データベース不要(しかし、MySQLなどにも対応)
  • プラグインによる機能拡張
  • IMAP4、SMTPサーバー

2.AtMail

公式サイト:
http://atmail.org/

AtMailはPHP言語によって開発されたWEBメーラーで、IMAPに対応しています。また、Ajax技術を使用しているため、デスクトップアプリケーションに匹敵するぐらいの快適な操作性を実現しています。

特徴

  • Ajax技術を使用した快適な操作性
  • ビデオメール
  • 見栄えの良いデザイン
  • IMAPサポート
  • スペルチェック

3.RoundCube

公式サイト:
http://roundcube.net/

RoundCube Webmailはデスクトップアプリケーションのようなユーザーインタフェースを持っているブラウザベースの多言語IMAPクライアントです。データベースはMySQLかPostgreSQLを必要とします。

特徴

  • 多言語対応
  • MIMEとHTMLメッセージに対するフルサポート
  • アドレス帳
  • 外部SMTPサーバのサポート
  • スペルチェック