「ServersMan@VPS」にPHP5.3,MySQL5.1,PostgreSQL8 をインストールする

DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供中の「ServersMan@VPS
(仮想専用サーバー)を契約してみてPHP5.3,MySQL5.1,PostgreSQL8 をインストールしてみました。

ServersMan@VPS」とは?
初期費用0円
月額料金490円~(今なら2ヶ月無料キャンペーン中)
メモリ:256MB
HDD:10GB

という、とってもお得な仮想専用サーバーです。
料金プランは3種類あって、Entry 、Standard、Proです。
自分は、Standardプランを契約しました。

さて、実際のコマンドですが自分用メモなので凄く簡単にまとめたものになっています。

▼yum
※「–enablerepo=remi」は、PHP、MySQLの最新バージョンを入れる為に必要です。
詳しくは、「PHP5.3 やMySQL5.1 などの最新版をyum でインストールする方法」をご参照下さい。

$ sudo yum --enablerepo=remi install mysql mysql-{server,devel}
$ sudo yum --enablerepo=remi install postgresql postgresql-{server,devel}
$ sudo yum --enablerepo=remi install php php-{devel,gd,mbstring,mcrypt,mysql,pgsql,pear}

▼mysql

$ sudo /sbin/chkconfig mysqld on
$ sudo /etc/init.d/mysqld start

$ /usr/bin/mysql_secure_installation

$ sudo mv /etc/my.cnf /etc/my.cnf.org
$ sudo cp /usr/share/doc/mysql-server-5.1.50/my-medium.cnf /etc/my.cnf

▼postgres

$ sudo /sbin/chkconfig postgresql on
$ sudo /etc/init.d/postgresql start

$ sudo /usr/bin/passwd postgres
$ sudo -u postgres psql template1

▼phpMyAdminのインストール。

$ sudo yum --enablerepo=remi install phpMyAdmin

※インストールすると以下の所にファイル等があります
/etc/phpMyAdmin
/etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
/etc/phpMyAdmin/config.inc.php
/usr/share/phpMyAdmin
/var/lib/phpMyAdmin



$ sudo cp -p /etc/phpMyAdmin/config.inc.php /etc/phpMyAdmin/config.inc.php.org
     ※$cfg['blowfish_secret'] の値を適当な値に書き換えます

$ sudo vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
     ※allow from [IPアドレス]

$ sudo /etc/init.d/httpd restart

▼phpPgAdmin のインストール

$ sudo yum --enablerepo=remi install phpPgAdmin

※インストールすると以下の所にファイル等があります
/etc/phpPgAdmin
/etc/httpd/conf.d/phpPgAdmin.conf
/etc/phpPgAdmin/config.inc.php-dist
/usr/share/phpPgAdmin

$ sudo mv /etc/phpPgAdmin/config.inc.php-dist /etc/phpPgAdmin/config.inc.php
$ sudo /etc/init.d/httpd restart

▼php.iniの変更

$ sudo cp -p /etc/php.ini /etc/php.ini.20100821
$ sudo vi /etc/php.ini
$ diff /etc/php.ini.20100821 /etc/php.ini
> error_log = /var/log-php/php_errors.log
> default_charset = "UTF-8"
> include_path = ".:/usr/share/pear/"
> mbstring.language = Japanese
> mbstring.internal_encoding = UTF-8
> mbstring.http_output = UTF-8
> mbstring.detect_order = UTF-8,SJIS,EUC-JP,JIS,ASCII

$ sudo /etc/init.d/httpd restart

▼CentOSにphpコンパイラのapcをインストール

$ sudo yum --enablerepo=remi install php-pecl-apc
$ sudo /etc/init.d/httpd restart

以上です。

PEAR-Pagerの隠しオプション

PEARのPagerを使用しているのですが、PEARマニュアルに載っていないオプションが
いくつかありましたので簡単に紹介してみます。(※2008-09-01現在)

参考url:
http://pear.php.net/manual/ja/package.html.pager.factory.php

  • prevImgEmpty [string] – 前のページへのリンクが必要で無い場合(例えば、1ページ上に居る)、前のページへのリンクとして使用するイメージ及びテキスト
  • nextImgEmpty [string] – 次のページへのリンクが必要で無い場合(例えば、最終ページ上に居る)、次のページへのリンクとして使用するイメージ及びテキスト
  • accesskey [boolean] – <a>タグにaccesskey属性を設定するかどうか。true/false
  • attributes [string] – <a>タグのための付加的な属性
  • onclick [string] – <a>タグにonclick属性を付加します
  • extraVars [array] – 次ページ等へ引き継ぎたいパラメータ
  • excludeVars [array] – 無視したいパラメータ

マニュアルに載ってなくても使えそうなオプションはあるもんですね~。

PHPでファイルをダウンロードさせる方法(PEAR::HTTP_Download)

PHPのPEAR::HTTP_Downloadの使い方について確認していきます。

PEAR::HTTP_Downloadはファイルのダウンロード機能を提供するものです。

1.HTTP_Downloadパッケージのインストール

HTTP_Downloadを利用するためにまずHTTP_Downloadパッケージをインストールします。

# pear install --alldeps HTTP_Download

実際に行った結果は次のようになります。

http-download21

2008年6月現在の最新バージョンはHTTP_Download-1.1.3となります。

Archive_Zipパッケージがbeta版での提供のみとなっておりインストールに失敗しました。

別途次のようにインストールしました。

# pear install --alldeps Archive_Zip-beta
downloading Archive_Zip-0.1.1.tgz ...
Starting to download Archive_Zip-0.1.1.tgz (19,272 bytes)
......done: 19,272 bytes
install ok: channel://pear.php.net/Archive_Zip-0.1.1

2.サンプルプログラムソース

実際の使い方は次のようになります。

require_once('HTTP/Download.php');

// オプションパラメータ設定
$params = array(
    'file' => 'sample.txt',
    'contenttype' => 'text/plain',
    'contentdisposition' => array(HTTP_DOWNLOAD_ATTACHMENT, 'sample.txt'),
);

// ダウンロード実行
$download = new HTTP_Download($params);
$download->send();

参考url:

http://pear.php.net/manual/ja/package.http.http-download.php