アクセス解析「AWStats日本語版」のインストール方法メモ その2

アクセス解析「AWStats日本語版」のインストール方法メモ その2

その1はこちら

  1. Apache の設定
  2. まず、Apache のログファイル名とログ形式を設定します。ファイル名は必ず「ホスト名-access_log」とし、形式は combined にしてください。

    バーチャルホストを使用していない場合

    # vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
    
    CustomLog logs/access_log combined env=!no_log
    ↓
    CustomLog logs/blog.96q.org-access_log combined
    

    バーチャルホストを使用している場合

    # vi /etc/httpd/conf.d/virtualhost.conf
    
    <VirtualHost *:80>
    ServerName blog.96q.org
    :
    CustomLog logs/blog.96q.org-access_log combined  ←ログをこのように指定
    </VirtualHost>
    

    Web から AWStats のレポートにアクセスできるように設定します。

    # vi /etc/httpd/conf.d/awstats.conf
    
    #
    # Directives to allow use of AWStats as a CGI
    #
    Alias /classes "/usr/local/awstats/wwwroot/classes/"
    Alias /icon "/usr/local/awstats/wwwroot/icon"
    ScriptAlias /awstats/ "/usr/local/awstats/wwwroot/cgi-bin/"
    
    #
    # This is to permit URL access to scripts/files in AWStats directory.
    #
    <Directory "/usr/local/awstats/wwwroot">
    Options None
    AllowOverride None
    Order allow,deny
    Allow from all
    </Directory>

    Apache に設定を反映します。

    # /etc/init.d/httpd reload
    
  3. ログ集計の設定
  4. AWStats 完全日本語版では、オリジナルの AWStats とは違い、一度 Web サーバのログを UTF-8 変換するスクリプトを通してから集計する必要があります(でないと『完全』日本語版にはならなくなる)。

    まず、UTF-8 変換スクリプトを自分の環境に合わせて修正します。

    # vi /usr/local/awstats/wwwroot/cgi-bin/utf8_decode.pl
    
    $Myhost = "bflets.dyndns.org";      # 自ホストのchcheかの判定用.
    ↓
    $Myhost = "96q.org";  # 自ホストのchcheかの判定用.    ←自分のドメイン名に変更する
    

    次に Apache のログを UTF-8 変換スクリプトに通し、AWStats に集計させるスクリプトを作成します。

    # vi /usr/local/bin/awstats-update
    
    #!/usr/bin/env ruby
    
    CONF = "/etc/awstats"
    LOG_DIR = "/var/log/httpd"
    TMP_DIR = "/tmp/hl"
    UTF8_DECODE = "/usr/local/awstats/wwwroot/cgi-bin/utf8_decode.pl"
    AWSTATS = "/usr/local/awstats/wwwroot/cgi-bin/awstats.pl"
    
    Dir.mkdir(TMP_DIR, 0700)
    begin
      Dir.glob(CONF + "/*") do |var|
        if File.basename(var, ".conf") =~ /awstats.(.+)/
          domain = $1;
          log = "#{LOG_DIR}/#{domain}-access_log"
          tmplog = "#{TMP_DIR}/#{domain}-log.utf8"
          system("#{UTF8_DECODE} < #{log} > #{tmplog}&quot;)
          begin
            File.truncate(log, 0)
            system("#{AWSTATS} -config=#{domain} -update&quot;)
          ensure
            File.unlink(tmplog)
          end
        end
      end
    ensure
      Dir.rmdir(TMP_DIR)
    end

    作成したスクリプトに実行権限を与えます。

    # chmod +x /usr/local/bin/awstats-update
    

    cron で自動的に実行されるように crontab を設定します。

    # crontab -e
    

    以下を追加。

    00 *  * * * /usr/local/bin/awstats-update > /dev/null
    

    これで設定は完了です。ログは1時間ごとに集計されて http://xxx.xxx.xxx/awstats/awstats.pl で参照することができます。複数のホストについて設定した場合は、ホスト名を変更してアクセスするだけで自動的に AWStats が適切な設定ファイルを読み込んで動いてくれます。

アクセス解析「AWStats日本語版」のインストール方法メモ その1

アクセス解析ツール「AWStats」のインストールメモ。

参考URL:
http://www.bflets.dyndns.org/Tools/AWStatsJpn.html
AWStats 完全日本語版の導入

  1. Jcode.pm のインストール
  2. まず、日本語版で必要とされる perl のライブラリ Jcode.pm を インストールします(インストール方法は「Jcode.pm のインストール方法メモ」参照)

  3. AWStats 日本語版の取得とセットアップ
  4. AWStats 日本語版のアーカイブファイルを取得します。2008年4月21日現在、最新バージョンは 6.6 です。最新バージョンは公式ページでチェックしてください。ダウンロードが終わったら解凍します。

    # wget http://www.bflets.dyndns.org/AWStats66_Jpn.tar.gz
    # tar -zxvf AWStats66_Jpn.tar.gz
    

    解凍したディレクトリは名前を変えて /usr/local 下に置きます。ここ以外に置くと AWStats が警告を発する場合があります。

    # mv AWStats66_Jpn /usr/local/awstats
    

    次に AWStats の集計データを入れるディレクトリを作成します。

    # mkdir /var/lib/awstats
    

    AWStats の CGI ディレクトリに移動します。

    # cd /usr/local/awstats/wwwroot/cgi-bin
    

    デフォルト設定ファイル awstats.model.conf を作ります。すでに日本語のデフォルト設定ファイルが別名で存在しますのでコピーして使用します。

    # cp awstats.model_jp.conf awstats.model.conf
    

    ツールディレクトリに移動し、設定スクリプトを実行します。

    # cd /usr/local/awstats/tools
    # ./awstats_configure.pl
    

    すると Apache の設定ファイルのありかを聞かれます。ここで Apache の設定ファイルを答えると設定ファイルが書き換えられてしまうので「none」を入力してスキップします(Apache の設定ファイルは後ほど手動で編集します)。

    -----> Check for web server install
    
    Enter full config file path of your Web server.
    Example: /etc/httpd/httpd.conf
    Example: /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
    Example: c:Program filesapache groupapacheconfhttpd.conf
    Config file path ('none' to skip web server setup):
    > none
    

    次に設定ファイルを作るかと聞かれます。もちろん Yes です。

    -----> Need to create a new config file ?
    Do you want me to build a new AWStats config/profile
    file (required if first install) [y/N] ? y
    

    設定対象のホスト名を聞かれますので入力します。

    -----> Define config file name to create
    What is the name of your web site or profile analysis ?
    Example: www.mysite.com
    Example: demo
    Your web site, virtual server or profile name:
    > blog.96q.org    ←ご自分が管理しているホスト名
    

    設定ファイルのありかを聞かれます。デフォルトの /etc/awstats で良いのでそのまま Enter キーを押します。

    -----> Define config file path
    In which directory do you plan to store your config file(s) ?
    Default: /etc/awstats
    Directory path to store config file(s) (Enter for default):
    >   ←何も入力せずに Enter
    

    その後確認の意味を込めて Enter の入力を求められますので、適宜 Enter キーを押してください。

    -----> Add update process inside a scheduler
    Sorry, configure.pl does not support automatic add to cron yet.
    You can do it manually by adding the following command to your cron:
    /usr/local/awstats/wwwroot/cgi-bin/awstats.pl -update -config=centos.oss.sc
    Or if you have several config files and prefer having only one command:
    /usr/local/awstats/tools/awstats_updateall.pl now
    Press ENTER to continue...    ←何も入力せずに Enter
    
    
    A SIMPLE config file has been created: /etc/awstats/awstats.centos.oss.sc.conf
    You should have a look inside to check and change manually main parameters.
    You can then manually update your statistics for 'centos.oss.sc' with command:
    > perl awstats.pl -update -config=centos.oss.sc
    You can also build static report pages for 'centos.oss.sc' with command:
    > perl awstats.pl -output=pagetype -config=centos.oss.sc
    
    Press ENTER to finish...      ←何も入力せずに Enter
    

    もし、バーチャルホストとして他にも Web サイトを運営している場合は、この設定スクリプトをそのバーチャルホストぶん実行してください。

     この設定スクリプトで生成した設定ファイルはそのままでは使えませんので修正します。なお、blog.96q.org という部分はご自分が管理しているホスト名に読み替えてください。

    # vi /etc/awstats/awstats.blog.96q.org.conf
    
    LogFile="/var/log/httpd/mylog.log"
        ↓
    LogFile="/tmp/hl/blog.96q.org-log.utf8"
    

    最後に後始末をします。

    # cd
    # rm -rf AWStats66_Jpn.tar.gz
    

    以上で AWStats のセットアップは終了です。

その2へ続きます

Jcode.pmのインストール方法メモ

Jcode.pmは、さまざまな日本語文字コードをPerlで扱うためのモジュールです。

参考URL:
http://openlab.ring.gr.jp/Jcode/index-j.html

  1. まずPerl5をお使いであることを確認してください。Jcode.pmはPerl5専用です。
  2. # perl -v
    
    This is perl, v5.8.8 built for i386-linux-thread-multi
    
  3. 以下のとおりShellからCPANモジュールを起動します。
  4. # perl -MCPAN -e shell
    
  5. はじめてCPANモジュールを実行した場合、いくつかの質問に答えることになります。ほとんどはネットワーク関連の簡単な質問です。ほぼデフォルトを選択しました。ミラーサイトの選択ですが、日本の方は
  6. http://www.ring.gr.jp/pub/lang/perl/CPAN/
    

    をお試し下さいませ。

  7. あとは”install Jcode”と入力するだけです。
  8. cpan> install Jcode
    

    あとはCPANモジュールが、ダウンロード、テスト、そしてインストールまで全て面倒をみてくれます。

  9. インストールが終わったらexitで抜けます。
  10. cpan> exit