「ServersMan@VPS」にPHP5.3,MySQL5.1,PostgreSQL8 をインストールする

DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供中の「ServersMan@VPS
(仮想専用サーバー)を契約してみてPHP5.3,MySQL5.1,PostgreSQL8 をインストールしてみました。

ServersMan@VPS」とは?
初期費用0円
月額料金490円~(今なら2ヶ月無料キャンペーン中)
メモリ:256MB
HDD:10GB

という、とってもお得な仮想専用サーバーです。
料金プランは3種類あって、Entry 、Standard、Proです。
自分は、Standardプランを契約しました。

さて、実際のコマンドですが自分用メモなので凄く簡単にまとめたものになっています。

▼yum
※「–enablerepo=remi」は、PHP、MySQLの最新バージョンを入れる為に必要です。
詳しくは、「PHP5.3 やMySQL5.1 などの最新版をyum でインストールする方法」をご参照下さい。

$ sudo yum --enablerepo=remi install mysql mysql-{server,devel}
$ sudo yum --enablerepo=remi install postgresql postgresql-{server,devel}
$ sudo yum --enablerepo=remi install php php-{devel,gd,mbstring,mcrypt,mysql,pgsql,pear}

▼mysql

$ sudo /sbin/chkconfig mysqld on
$ sudo /etc/init.d/mysqld start

$ /usr/bin/mysql_secure_installation

$ sudo mv /etc/my.cnf /etc/my.cnf.org
$ sudo cp /usr/share/doc/mysql-server-5.1.50/my-medium.cnf /etc/my.cnf

▼postgres

$ sudo /sbin/chkconfig postgresql on
$ sudo /etc/init.d/postgresql start

$ sudo /usr/bin/passwd postgres
$ sudo -u postgres psql template1

▼phpMyAdminのインストール。

$ sudo yum --enablerepo=remi install phpMyAdmin

※インストールすると以下の所にファイル等があります
/etc/phpMyAdmin
/etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
/etc/phpMyAdmin/config.inc.php
/usr/share/phpMyAdmin
/var/lib/phpMyAdmin



$ sudo cp -p /etc/phpMyAdmin/config.inc.php /etc/phpMyAdmin/config.inc.php.org
     ※$cfg['blowfish_secret'] の値を適当な値に書き換えます

$ sudo vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
     ※allow from [IPアドレス]

$ sudo /etc/init.d/httpd restart

▼phpPgAdmin のインストール

$ sudo yum --enablerepo=remi install phpPgAdmin

※インストールすると以下の所にファイル等があります
/etc/phpPgAdmin
/etc/httpd/conf.d/phpPgAdmin.conf
/etc/phpPgAdmin/config.inc.php-dist
/usr/share/phpPgAdmin

$ sudo mv /etc/phpPgAdmin/config.inc.php-dist /etc/phpPgAdmin/config.inc.php
$ sudo /etc/init.d/httpd restart

▼php.iniの変更

$ sudo cp -p /etc/php.ini /etc/php.ini.20100821
$ sudo vi /etc/php.ini
$ diff /etc/php.ini.20100821 /etc/php.ini
> error_log = /var/log-php/php_errors.log
> default_charset = "UTF-8"
> include_path = ".:/usr/share/pear/"
> mbstring.language = Japanese
> mbstring.internal_encoding = UTF-8
> mbstring.http_output = UTF-8
> mbstring.detect_order = UTF-8,SJIS,EUC-JP,JIS,ASCII

$ sudo /etc/init.d/httpd restart

▼CentOSにphpコンパイラのapcをインストール

$ sudo yum --enablerepo=remi install php-pecl-apc
$ sudo /etc/init.d/httpd restart

以上です。

CentOS5.5にPHP5.3 やMySQL5.1 などの最新版をyum でインストールする方法

2010/7/11 現在

CentOS 5系(RedHat Enterprise Linux 5系)で
PHPの最新版(5.3.x系)を使いたくなった為バージョンアップすることにした。

出来ることなら、yumでのパッケージ管理をしたいので、「Les RPM de Remi」で公開されているRPMリポジトリを活用し、PHP(やMySQL)の最新版を導入することにした。

現時点での環境

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.5 (Final)

$ php -v
PHP 5.1.6 (cli) (built: Mar 31 2010 02:44:37)
Copyright (c) 1997-2006 The PHP Group
Zend Engine v2.1.0, Copyright (c) 1998-2006 Zend Technologies

$ mysql --version
mysql  Ver 14.12 Distrib 5.0.77, for redhat-linux-gnu (i686) using readline 5.1

Les RPM de Remiのリポジトリ登録

以下を実行します。

$ sudo rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-3.noarch.rpm
$ sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm

そうすると、「/etc/yum.repos.d/」配下に以下の設定ファイルが出来上がります。

・/etc/yum.repos.d/epel.repo
・/etc/yum.repos.d/remi.repo

PHPのバージョンアップ(rpmで5.1=>5.3)

登録したリポジトリを有効にする感じでインストールする。

$ sudo yum --enablerepo=remi install php

ここで、mysql の競合エラーが出たので先に mysql をインストール(アップデート)しておく

$ sudo yum --enablerepo=remi install mysql

もう一度、PHPのインストール(アップデート)実行

$ sudo yum --enablerepo=remi install php

php.ini の変更をして完了

$ sudo mv /etc/php.ini /etc/php.ini.old
$ sudo cp /usr/share/doc/php-common-5.3.2/php.ini-production /etc/php.ini

バージョン確認

$ php -v
PHP 5.3.2 (cli) (built: Apr 27 2010 20:28:18)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies

$ mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.1.48, for redhat-linux-gnu (i686) using readline 5.1

MySQL – 指定されたテーブルのカラム一覧を表示する方法

MySQLで指定されたテーブルのカラム一覧を表示するコマンドのメモ。

1つ目

$ mysql -u root -p

mysql> DESCRIBE テーブル名;
or
mysql> DESC テーブル名;

DESCRIBEはSHOW COLUMNS FROMの簡略形です。DESCRIBEは更にDESCと略すことができます。

2つ目

$ mysql -u root -p
mysql> SHOW COLUMNS FROM テーブル名;