「ServersMan@VPS」にPHP5.3,MySQL5.1,PostgreSQL8 をインストールする

DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供中の「ServersMan@VPS
(仮想専用サーバー)を契約してみてPHP5.3,MySQL5.1,PostgreSQL8 をインストールしてみました。

ServersMan@VPS」とは?
初期費用0円
月額料金490円~(今なら2ヶ月無料キャンペーン中)
メモリ:256MB
HDD:10GB

という、とってもお得な仮想専用サーバーです。
料金プランは3種類あって、Entry 、Standard、Proです。
自分は、Standardプランを契約しました。

さて、実際のコマンドですが自分用メモなので凄く簡単にまとめたものになっています。

▼yum
※「–enablerepo=remi」は、PHP、MySQLの最新バージョンを入れる為に必要です。
詳しくは、「PHP5.3 やMySQL5.1 などの最新版をyum でインストールする方法」をご参照下さい。

$ sudo yum --enablerepo=remi install mysql mysql-{server,devel}
$ sudo yum --enablerepo=remi install postgresql postgresql-{server,devel}
$ sudo yum --enablerepo=remi install php php-{devel,gd,mbstring,mcrypt,mysql,pgsql,pear}

▼mysql

$ sudo /sbin/chkconfig mysqld on
$ sudo /etc/init.d/mysqld start

$ /usr/bin/mysql_secure_installation

$ sudo mv /etc/my.cnf /etc/my.cnf.org
$ sudo cp /usr/share/doc/mysql-server-5.1.50/my-medium.cnf /etc/my.cnf

▼postgres

$ sudo /sbin/chkconfig postgresql on
$ sudo /etc/init.d/postgresql start

$ sudo /usr/bin/passwd postgres
$ sudo -u postgres psql template1

▼phpMyAdminのインストール。

$ sudo yum --enablerepo=remi install phpMyAdmin

※インストールすると以下の所にファイル等があります
/etc/phpMyAdmin
/etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
/etc/phpMyAdmin/config.inc.php
/usr/share/phpMyAdmin
/var/lib/phpMyAdmin



$ sudo cp -p /etc/phpMyAdmin/config.inc.php /etc/phpMyAdmin/config.inc.php.org
     ※$cfg['blowfish_secret'] の値を適当な値に書き換えます

$ sudo vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
     ※allow from [IPアドレス]

$ sudo /etc/init.d/httpd restart

▼phpPgAdmin のインストール

$ sudo yum --enablerepo=remi install phpPgAdmin

※インストールすると以下の所にファイル等があります
/etc/phpPgAdmin
/etc/httpd/conf.d/phpPgAdmin.conf
/etc/phpPgAdmin/config.inc.php-dist
/usr/share/phpPgAdmin

$ sudo mv /etc/phpPgAdmin/config.inc.php-dist /etc/phpPgAdmin/config.inc.php
$ sudo /etc/init.d/httpd restart

▼php.iniの変更

$ sudo cp -p /etc/php.ini /etc/php.ini.20100821
$ sudo vi /etc/php.ini
$ diff /etc/php.ini.20100821 /etc/php.ini
> error_log = /var/log-php/php_errors.log
> default_charset = "UTF-8"
> include_path = ".:/usr/share/pear/"
> mbstring.language = Japanese
> mbstring.internal_encoding = UTF-8
> mbstring.http_output = UTF-8
> mbstring.detect_order = UTF-8,SJIS,EUC-JP,JIS,ASCII

$ sudo /etc/init.d/httpd restart

▼CentOSにphpコンパイラのapcをインストール

$ sudo yum --enablerepo=remi install php-pecl-apc
$ sudo /etc/init.d/httpd restart

以上です。

CentOS5.5にPHP5.3 やMySQL5.1 などの最新版をyum でインストールする方法

2010/7/11 現在

CentOS 5系(RedHat Enterprise Linux 5系)で
PHPの最新版(5.3.x系)を使いたくなった為バージョンアップすることにした。

出来ることなら、yumでのパッケージ管理をしたいので、「Les RPM de Remi」で公開されているRPMリポジトリを活用し、PHP(やMySQL)の最新版を導入することにした。

現時点での環境

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.5 (Final)

$ php -v
PHP 5.1.6 (cli) (built: Mar 31 2010 02:44:37)
Copyright (c) 1997-2006 The PHP Group
Zend Engine v2.1.0, Copyright (c) 1998-2006 Zend Technologies

$ mysql --version
mysql  Ver 14.12 Distrib 5.0.77, for redhat-linux-gnu (i686) using readline 5.1

Les RPM de Remiのリポジトリ登録

以下を実行します。

$ sudo rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-3.noarch.rpm
$ sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm

そうすると、「/etc/yum.repos.d/」配下に以下の設定ファイルが出来上がります。

・/etc/yum.repos.d/epel.repo
・/etc/yum.repos.d/remi.repo

PHPのバージョンアップ(rpmで5.1=>5.3)

登録したリポジトリを有効にする感じでインストールする。

$ sudo yum --enablerepo=remi install php

ここで、mysql の競合エラーが出たので先に mysql をインストール(アップデート)しておく

$ sudo yum --enablerepo=remi install mysql

もう一度、PHPのインストール(アップデート)実行

$ sudo yum --enablerepo=remi install php

php.ini の変更をして完了

$ sudo mv /etc/php.ini /etc/php.ini.old
$ sudo cp /usr/share/doc/php-common-5.3.2/php.ini-production /etc/php.ini

バージョン確認

$ php -v
PHP 5.3.2 (cli) (built: Apr 27 2010 20:28:18)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies

$ mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.1.48, for redhat-linux-gnu (i686) using readline 5.1

CentOS 5.4 に munin(サーバー監視ツール) をインストール MRTG/cacti

▼munin 本家サイト
http://munin-monitoring.org/

munin って何?

munin(ムーニン)は、オープンソースで公開されているサーバー監視、グラフ化ツールです。
MTRG/cacti などと同様のツールです。

主な特徴

  • 比較的導入が簡単
  • プラグインによる取得データの拡張が出来る
  • グラフ化部(マスター)とデータ取得部(ノード)が違うプログラムになっている

マスター(munin)とノード(munin-node)の役割

マスター: データ収集 + グラフ化
ノード: マスターへのデータ提供

▼munin のインストール
基本的に munin を yum でインストールします。
しかし、CentOS-Base.repo では munin のパッケージが見つからないので
dag.repo を使用して munin のインストールをします。

▼そこで、yum レポジトリの追加(dag.repo)
参考:http://mt.mizba.net/archives/001205.php

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/dag.repo

[dag]
name=Dag RPM Repository for redhat
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/dag/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag
enabled=0   # enabled は0にして必要な時だけ有効にします
gpgcheck=1

続いて PGP key をインポートします。

$ sudo rpm --import http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt

これで dag.repo の設定は完了です。

▼次に munin を使用するに当たって必要になるアプリケーションのインストール
今回は「情報を集積するサーバ(マスター)」と「監視対象になるサーバ(ノード)」を
同一のサーバにするため munin と munin-node の両方をインストールします。

自分の場合は以下のようになりました。
※各自の環境によって違うと思います。

$ sudo yum --enablerepo=dag install munin munin-node

================================================================================
 Package                           Arch        Version              Repository  
================================================================================
Installing:
 munin                             noarch      1.2.5-2.el5.rf       dag         
 munin-node                        noarch      1.2.5-2.el5.rf       dag         
Installing for dependencies:
 perl-Compress-Zlib                i386        1.42-1.fc6           base        
 perl-Crypt-DES                    i386        2.05-3.2.el5.rf      rpmforge    
 perl-DateManip                    noarch      5.44-1.2.1           base        
 perl-Digest-HMAC                  noarch      1.01-15              base        
 perl-HTML-Parser                  i386        3.64-1.el5.rf        rpmforge    
 perl-HTML-Tagset                  noarch      3.20-1.el5.rf        rpmforge    
 perl-HTML-Template                noarch      2.9-1.el5.rf         rpmforge    
 perl-Net-SNMP                     noarch      5.2.0-1.2.el5.rf     rpmforge    
 perl-Net-Server                   noarch      0.97-1.el5.rf        rpmforge    
 perl-Socket6                      i386        0.23-1.el5.rf        rpmforge    
 perl-URI                          noarch      1.35-3               base        
 perl-libwww-perl                  noarch      5.805-1.1.1          base        

Transaction Summary
================================================================================
Install     14 Package(s)
Update       0 Package(s)
Remove       0 Package(s)

▼続いて munin の設定です。
といっても特に必要ないと思います。

作られたファイルは以下の設定ファイルを見ると分かります。
※各自の環境によって違うと思いますが。
設定ファイルは /etc/munin/munin.conf です。

自分の環境では、以下のようになっていました。

  ・htmldir /var/www/munin
  
  ・/etc/httpd/conf.d/munin.conf
    ScriptAlias /munin/cgi/ /var/www/munin/cgi/
    Alias /munin/ /var/www/munin/

▼設定ファイルの確認が終わったら munin の起動と apache の再起動をします。
・munin の起動及び自動起動設定

    $ sudo /etc/init.d/munin-node start
    Starting Munin Node:       [  OK  ]

    $ sudo /sbin/chkconfig --list munin-node
    munin-node      0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    
    off になっていたら、以下コマンドを実行
    $ sudo /sbin/chkconfig munin-node on
    $ sudo /sbin/chkconfig --list munin-node
    munin-node      0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

上記のようになったら自動起動 OK!

・apache を再起動します。
munin を起動してからは5分おきにグラフが更新されるようになります。

    $ sudo /etc/init.d/httpd restart

apache の再起動が完了したら http://localhost/munin/ にアクセスし
munin の状況を見てみましょう。

munin-graph

このように、MRTG/cacti とよく似た感じのグラフィカルなグラフで
負荷状況やサーバー状態などを確認出来ます。

MRTG/cacti よりもインストール設定などが簡単なので是非とも
導入してみては如何でしょうか。