PostgreSQLの設定

LINEで送る
Pocket

PostgreSQLの設定■初期設定

まずは自動起動をonにします。

# /sbin/chkconfig postgresql on

次にとりあえずサーバを起動します。

# /etc/init.d/postgresql start

初期化が終了しサーバが起動します。
そしたら、次はUNIXのpostgresユーザのパスワードを設定します。

# passwd postgres
Changing password for user postgres.
New UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: all authentication tokens updated successfully.

続いてPostgreSQL 内で管理するスーパーユーザー postgres にパスワードを設定します。
こちらは先ほどの Unix アカウントとは異なります。
インストール時に事前に用意されているデータベース template1 にpsql コマンドで接続します。

(psql の実行は必ずデータベースに接続する必要がある) また、# はスーパーユーザー権限でデータベースに接続していることを示します。

# su - postgres
-bash-3.00$ psql template1
Welcome to psql 8.1.11, the PostgreSQL interactive terminal.

Type:  copyright for distribution terms
       h for help with SQL commands
       ? for help with psql commands
       g or terminate with semicolon to execute query
       q to quit

template1=# alter user postgres password 'パスワード';
ALTER ROLE
template1=# q
-bash-3.00$ logout

次に、いつも使うユーザを追加します。

# su - postgres
-bash-3.00$ createuser -P
Enter name of role to add: webmaster
Enter password for new role: パスワードを入力
Enter it again: 入力したパスワードの確認
Shall the new role be a superuser? (y/n) y #スーパーユーザー特権を許可するかどうかです。
CREATE ROLE

webmasterの部分はお好きなユーザ名に変更して下さい。

次に、PostgreSQL認証設定ファイルを編集

-bash-3.00$ vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf

以下の部分を変更
local all all md5
host all all 127.0.0.1/32 md5
 (アクセスはユーザ認証)

保存する

-bash-3.00$ logout
# /etc/init.d/postgresql restart (再起動)
postgresql サービスを停止中:                               [  OK  ]
postgresql サービスを開始中:                               [  OK  ]

# psql -U webmaster template1

として、ログインできればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA